YouTuberが使うべき動画編集のツール・素材集【無料音源・無料素材も】

一度でも投稿された動画を見たことがあれば、動画編集の重要性に気づくのではなかろうか。動画に流れる文字のテロップ、適切なタイミングで雰囲気を作る効果音は動画に欠かせない要素だ。副業で動画投稿を始めたい人も趣味で動画を作る人も、今日は動画編集におすすめの動画編集ソフト・画像素材・音声素材を紹介していこう。

動画編集ソフト

Adobe

動画編集をするためには動画編集ソフトが必要だ。その中でもAdobe(アドビ)は動画編集ソフトの頂点に君臨し、登録者100万人を超える人気YouTuberなど多くの動画投稿者が利用している。

Adobeといえば、以前はハイエンドクラスになるとソフトは数十万円にもなり、普通の人にはなかなか手が届かなかった。しかし、数年前にサブスクリプション化するとともに手頃な価格帯となり、月々1,000円未満(税抜)から無制限で利用可能だ。

Adobeにはいくつかのラインナップが存在するが、動画編集のためにはAdobe Premiere Rushがおすすめだ。新世代のクリエイター向けに使いやすくなった新感覚の動画編集アプリとなっている。操作は極めてシンプルで、初心者でもYouTube動画やSNS動画を手軽に編集することが可能だ。デバイス間の連携がリアルタイムでおこなわれ、撮影から投稿までソフトひとつで完結する。

動画編集へのこだわりで突き抜けたいならばAdobe Premiere Proを選んでもよいだろう。Premiere Proは高度な編集機能を網羅しており、Webや映像作品など、幅広い映像制作現場で愛用されるプロ向けのソフトだ。映画からYoutube用の動画までプロフェッショナルなビデオ編集には、業界最先端ソフトであるといえる。

Final Cut Pro X

Adobeに並ぶ動画編集ソフトとしてFinal Cut Pro Xが双頭のもうひとつの片割れだ。クリエイターがMacにこだわる理由のひとつが、このFinal Cut Pro Xが利用できるという魅力にある。

多くのYouTuberが利用しており、表現力豊かなエフェクト機能やテキストを入れられる点が人気だ。もしMacで標準で付属しているiMovieを使ったことがある方には、iMovieのハイエンドバージョンと考えるとわかりやすいかもしれない。

YouTuberにとって非常に大切な「動作が軽い」「使いやすい」「機能が多い」という点で、多くのクリエーターから支持を得ている。

画像素材

Shutterstock

まずオススメしたい画像素材がShutterstock(シャッターストック) だ。高画質で多くの素材が揃っており、商用利用可能な人気の素材サイトだ。

Shutterstockといえば普通の日常生活では見ることのない印象的なシーンの画像が有名だが、実は落ち着いたシックでおしゃれな画像が揃っているということはあまり知られていない。

無料の画像サイトももちろんあるのだが、構図や素材のクオリティではどうしても一歩劣ってしまう。また、無料の画像サイトは商用利用ができないことも多い。

動画の挿絵だけでなく、ブログやオウンドメディアを作成する際にも活用すると良いだろう。

いらすとや

Shutterstockがおしゃれで美しい画像が得られるのに対して、いらすとやはかわいいイラスト風の画像として多くのYouTuberが利用している。

YouTubeは小さな子供も見るため、最近ではかなり表現の規制が厳しくなっている。残虐な表現はNGだが、かわいいイラストでポップに場面を表現することは可能で、クリエイターの表現力の見せ所だ。いらすとやはそのような難しい表現の可能性を広げてくれるだろう。

なお、イラストは個人・法人・商用、非商用を問わず無償で使用できるが、著作権を放棄しておらず使用方法には制限があるため注意が必要だ。

音声素材

DOVA-SYNDROME

日本で活躍しているYouTuberが最も多く利用している音声素材サイトがDOVA-SYNDROMEだ。

どの素材も人気YouTuberが利用しているもので、自分も憧れのクリエイターと同じ効果音を使えるとなれば、自然とクリエイター魂を刺激されることは間違いない。

甘茶の音楽工房

比較的マイルドでポップな効果音なら甘茶の音楽工房がオススメだ。

アコースティックからエレクトロまで、色々なタイプの音楽素材が無料で配布されている。公開中の音楽素材は、WEB、動画、ゲーム、イベントなど、すべて無料で動画編集も楽しんで行えるような素材が揃っている。

ぜひ様々な素材を活用し、ヒット作を生み出し世界中に自分のクリエイターとしての能力を見せつけて欲しい。

error:Content is protected !!