FXにはゴールデンウィークがあるか?|GWと相場の関係

5月といえばゴールデンウィークですが、実はGW期間中もFX取引が可能なことをご存知ですか?そんな中でもトレーダーはのんびり休暇をとっていていも大丈夫なのでしょうか?ここではFXのゴールデンウィークとおおまかな相場の動きについて理解しておきましょう。

連休中もFXは可能か?

FXに関していえばゴールデンウィーク中も通常通り取引可能です。

そもそも、為替に関して言えば様々なものがあります。三菱UFJ銀行が公表するTTM値(公表仲値)は日本の営業日のみ算出されますが、もっとも世界的に知られているWMロイターレートや、FXのような店頭価格レートは存在するため、問題なく取引できるのです。

また、祝日は日本の株式市場や先物オプション取引は閉まっていますが、外為オプションやCFD、株価指数バイナリーオプションもFX同様ゴールデンウィーク中の取引が可能です。

GWの相場の傾向

ゴールデンウィークの連休中は、ゆっくり休んでいても大丈夫なのでしょうか?

過去10年を見てみると、為替市場では以下の傾向があります。

  • 為替(特にドル円)はあまり動かない
  • 日本時間の日中はやや円高傾向だが、それほど顕著ではない
  • 米国の取引時間はやや円安傾向

GW連休中こそ、やや円高傾向になりがちとはいえ、それほど大きな動きは見受けられません。5月はSell in Mayというアノマリーからわかるように、それほど活発に取引があるわけでなく、あまり上下しない傾向にあります。

FXの"Sell in May"とは?|知っておきたい5月の相場
5月といえば相場ではセルインメイ(Sell in May)というアノマリーが有名です。アノマリーとは原因は明確にはわからないけれども、そのような傾向が観察されるという意味で、相場の世界ではアノマリーを制するものが相場を制します。ここではFXのセルインメイとおおまかな相場の動きについて理解しておきましょう。

ただし、トレーダーたちが本格的に動き始める祝日明けの平日は、10銭以上の窓開けが発生しがちです。特に大きなニュースがないにもかかわらず50銭以上の窓が開いたこともありますので、注意が必要です。

世間がお休みだからといって、ポジションを持ったまま連休中ずっとニュースを見ないというのは危険ですので、お気をつけください。

2019年の10連休時は?

2019年は元号が変更されたことで祝日が追加され、2019年4月27日から5月6日まで10連休となりました。このときの為替市場はどうだったのでしょうか?

2019年4月27日から5月6日近辺のドル円チャートはこちら。

このチャートをみるとわかるように、連休中はさほど大きな動きが見られないことがわかります。ただし、連休最終日の5/6(月)は30銭以上窓が開いていたことが見受けられ、週末明けには注意が必要だったことがわかります。

5月の相場の動きについては以下の記事もご覧ください。

>> FXの”Sell in May”とは?|知っておきたい5月の相場

error:Content is protected !!