FXのテクニカル分析とは|為替ブローカーおすすめのチャート以外の指標

FXの代表的な分析手法といえば、テクニカル分析があります。しかし、FXの多くのトレーダーを見ていると、チャートなんて嘘っぽいと感じている人もかなり多いようです。本当にテクニカル分析は「チャート分析」のみなのでしょうか?ここではそんなテクニカル分析について詳しく見ていきましょう。

タイトルにもあるチャート以外のテクニカル指標とは何でしょうか?

その答えのひとつは、他の投資家のポジションです。

詳しくは以下を見ていきましょう。

FXのテクニカル分析とは?

テクニカル分析とは、過去の値動きを記録したチャート等をもとに、トレンドや相場の勢い、転換点などを判断して売買タイミングを見極める手法です。

ファンダメンタルズ分析で用いるマクロ手法ではなく、チャートのようなミクロな材料を用いることが特徴です。

FXにおけるテクニカル分析では多くの場合、各通貨のチャートの動きから将来の値動きを予測するというのが一般的です。

チャートは、単なる過去の値動きではなく、相場に参加している人々の現在の総意が含まれていると考えられため、有効な指標であると考えられています。

テクニカル分析の実践

トレンド系

「トレンド」とは、相場の動く方向のことをいいます。為替相場はほとんどの場合、細かい上下運動を繰り返しながら、一定方向に向かっていく特徴がありますので、この流れをとらえ、乗っていくための分析をすることをトレンド分析といいます。トレンド系は、値動きに方向感がある中で順張りポジションをとる際に用います。

トレンドの向きを知るための指標、トレンドの強さを測るための指標、トレンドの発生を知るための指標に分けられます。

トレンドライン

トレンドラインとは、2点以上の下値同士、あるいは上値同士を直線で結ぶことによって、上昇トレンドか下降トレンドかを判断します。右肩上がりなら上昇トレンド、右肩下がりなら下降トレンドになります。

できあがったトレンド線は、次に紹介する抵抗線・支持線の役割をはたしています。上昇トレンド線は上方に傾斜した支持線、下降トレンド線は下方に傾斜した抵抗線と見ることができます。

抵抗線・支持線

いくら上昇の続いた相場でも、あるレベルから上を抜くことができない場面がよくあります。これは下降局面でもいえることであり、なかなか抜け切れないレベルで上昇トレンドや下降トレンドが終わってしまうこともあります。

上昇局面で上になかなか抜け切れないレベルを抵抗線(レジスタンス線)、下降局面で下に抜け切れないレベルを支持線(サポート線)といいます。

チャートパターン分析

ダブルトップ・ダブルボトム
ヘッドアンドショルダー
Vトップ・Vボトム
ペナント

移動平均線

移動平均線とは、一定期間の平均値を出しグラフにしたもので、その仕組みの単純さから多くのトレーダーに利用されるテクニカル分析の代表手法です。トレンドラインやチャートパターンを信じない人でも、移動平均線を重視している人は多いです。

よく使われる移動平均の期間は、日足では、1週間に相当する5日平均、1ヶ月に相当する20日平均または25日平均が使われます。週足では四半期相当の13週、半年相当の26週、1年相当の52週が使われます。月足では1年相当の12ヶ月、2年の24ヶ月、5年の60ヶ月が使われます。

暴落時には約10年にあたる120ヶ月(500週)を見ることもあり、実際に2020年コロナショックでは、株価下落の反発ラインとして500週平均が目安となりました。

また移動平均と言っても、単純平均をとる「単純移動平均(SMA)」、移動平均の遅行性(下落時、移動平均の下落は必ず遅れてくることがわかりますね)を補正した「指数平滑移動平均(EMA)」などがあります。

ゴールデンクロス・デッドクロス

MACD

MACDは短期移動平均から中期移動平均を引いたものです。移動平均には計算期間よりも短い周期をもつ変動を打ち消すという性質があります。裏を返せば、計算期間よりも長い周期の変動だけを残しているということになります。

ということは、短期移動平均には短期・中期・長期の周期をもつ変動が含まれ、中期移動平均には中期・長期の周期をもつ変動が含まれます。その差であるMACDには短期の周期だけを残しているはずです。

以上から、MACDがプラスのときには短期的には上昇トレンド、マイナスの時には短期的には下降トレンドにあると考えられます。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドでは、移動平均μ(ミュー)に対して標準偏差σ(シグマ)を考えます。ボラティリティが小さいと-2σと+2σの幅が狭くなり(スクイーズといいます)、ボラティリティが大きくなると幅が広くなる(エキスパンションといいます)動きを示します。

また、レートが-2σや+2σに達すると自律調整が期待され、その後もう一度タッチするとトレンドの転換点になっていると見なされます。

オシレーター系

相場の方向性を探るための「トレンド系」に対し、現在の価格が買われ過ぎなのか、それとも売られ過ぎなのかを判断するための分析手法が「オシレーター系」と呼ばれるチャートです。また、オーダーブックもオシレーター系の指標に含めることができます

一般的な傾向として、オシレーター系が機能しやすい場面は、トレンドが発生しているときよりも、揉み合い相場が続いているときであるという特徴があります。

RSI

買われ過ぎ・売られ過ぎを判断するための指標です。RSIは70を上回ると買われ過ぎ、30を下回ると売られ過ぎと判断されます。RSIを算出する際の計算期間は9日~15日が基本で、計算日数が少ないほど、70%を上回る、あるいは30%を下回る頻度が増えていきます。

それだけ短期の動きに追随しやすくなりますが、一方で「ダマシ」も多くなるので、判断を間違ったと思ったときにはすぐに損切れる判断の素早さも必要になります。

オーダーブックで得られる情報のひとつが「オープンポジション」であり、保有中のポジションの取得価格の水準や割合がわかります。RSIと大きな関連があることがわかりますね。

ストキャスティクス

ストキャスティクスとは、過去の高値に接近すれば買われ過ぎで天井に近く、安値に接近すれば売られ過ぎでそこに近いと判断します。%Kと%Dという数字を見ますが、%Dの代わりにslow%Dを使うこともあります。

%Kが%Dを下から上に抜けた時が買いシグナル、上から下に抜けたときが売りシグナルです。さらに、%Kと%Dの両方が80%以上だと買われ過ぎ、両方が20%以下だと売られ過ぎになるので、売りシグナルかつ80%以上で売り、買いシグナルかつ20%以下で買いのポジションをとることになります。

総合系

ボラティリティ

ボラティリティ指数は株価の世界では恐怖指数と呼ばれていることで有名です。

ボラティリティ指数が大きくなるとはレートが大きく動いていることを示します。レートの変化が上昇であれ下落であれ、極端な動きは注意深く観察する必要がありますから、非常に有用な指標になりえます。

その他

日柄カウンター

サイクル分析のひとつです。

戻し値推定チャート

エリオット波動理論やフィボナッチを利用した手法です。

人はなぜテクニカル分析で負けるのか?

テクニカルの過信

テクニカル分析で負ける原因として「テクニカルの過信」があります。

一般的にチャートは「すべての市場参加者の総意」と考えられており、市場理論では「市場にはすべての情報が織り込まれている」という説もあります。

ただし、すべての情報が含まれているかについては、インサイダー取引で利益を上げられることから否定されることが多い点に注意が必要です。もし本当に織り込んでいるならインサイダー取引で利益をあげることが不可能なためです。

つまり、必ずしもすべての情報が含まれているわけではありません。

また、細かいチャートの動きはおおまかにいえばランダムに動いており、そのようなランダムな動きであっても「まるでトレンドが存在するかのような」チャートを形成することが実証されています。

狙うべきは、ランダム性の中でも「確実なトレンドをつかみ」「確固たる根拠でエントリーし」「目標ポイントまで達成したら利益確定する」ということです。また、エントリーの根拠が明確であれば、損切りのタイミングは自明であるはずです。

資金管理の甘さ

テクニカル分析で負ける原因として「資金管理の甘さ」があります。

トレーダーに求められるもっとも重要な要素のひとつが「資金管理」です。

テクニカル分析は主に短期の動きに対して有効な手法です。テクニカルでは小さな動きで利益を狙うため、高いレバレッジで必要証拠金ぎりぎりで取引してしまうことです。

資金管理が甘いと、生じた含み損が他のトレードを妨げる原因となったり、レバレッジを甘く見ていると必要証拠金を維持できず最悪ロスカットされてしまうこともあります。

また、ついつい行なってしまうナンピンは「資金管理の甘さ」の観点からもNGなトレードのひとつです。短期であればすぐに取り戻せると、ナンピン買いを繰り返しがちですが、資金管理やリスク管理という意味でも、ポジション保有のエントリーを行う根拠が崩れているという意味でも、今すぐやめるべき投資行動のひとつです。

想定外の市場の動き

テクニカル分析で負けてしまう原因として「想定外の市場の動き」があります。

これはもっとも避けることが難しく、そして多くの投資家が莫大な損失を出してしまう要因となります。

為替の世界で言えば、2015年1月のスイスフランショック、2018年8月のトルコリラショック、2019年1月の年初のフラッシュクラッシュなどがあげられます。様々な要因でこのような市場のショックは発生するのですが、実はそれらには前兆とでも言えるような動きがありました。

例えば2015年1月のスイスフランショック直前まで、スイス国立銀行がスイスフラン高を防ぐために無制限にスイス売を行っていたため、為替トレーダーはギリシャ危機により当時弱かったEURに対してEUR買/CHF売のポジションをとることで簡単に利益を上げられる状態が続いていました。しかし、少し考えてみれば明らかに異常であり、そんな状況がいつまでも続くわけがありません。

2018年8月のトルコリラショックの原因はアメリカのトランプ大統領がトルコに対して関税を大幅に引き上げたでしたが、もともとトルコリラは流動性に問題があり、政治的にもその2週間前には外交問題が勃発していました。

つまり、いくらテクニカル分析をメインに投資しているからといって、国際情勢や政治問題へアンテナを向けて情報を把握しておかなければ、思わぬ損害を被ってしまうのです。

テクニカル分析による投資で利用したい業者

情報発信力で選ぶ

テクニカル分析はチャートだけでなく、その裏付けとなるニュースを確認することも重要です。業者を選ぶ上では様々な情報や専門家の調査・分析を行い、情報発信力が高い業者を選びたいものです。

FX会社には国内で登録されているものだけでも数多くありますが、ポイントとしては「証券会社系のサービス」に注目しましょう。証券会社系のサービスでは、社内やグループ内に豊富なリソースやネットワークを有しており、ニュースの取り扱いだけでなく専門家とのコネクションも、素人はもちろん独立系や銀行系FX会社の比ではありません。

独自の調査・分析や情報発信で選ぶのであれば、DMM.com証券の「DMM FX」やトレイダーズ証券の「みんなのFX」がおすすめです。

手数料で選ぶ

テクニカル分析は比較的短期のトレンドをつかむ分析手法ですから、必然的に取引回数が増え、手数料の有利不利が収益を左右することから、手数料で業者を選ぶことになります。

手数料で選ぶのであれば、「みんなのFX」や「DMM FX」がおすすめです。スプレッドに注目しがちな手数料ですが、スプレッド以外にも見るべきポイントがありますから、次の記事で学んでおきしょう。

>> 手数料で業者を選ぶポイントとは?スプレッドだけでは損をする?

オーダーブックで選ぶ

テクニカル分析におけるオーダーブック活用の有用性はご理解いただけたでしょう。

オーダーブックを見るのであれば、昔から「OANDA Japan」が有名であり、もっともメジャーかつ有力な選択肢となるでしょう。気をつけるべき点としては、OANDAのオーダーブックは対円ではなく対ドルであるという点です。

日本人にとっては対円での情報の方が使いやすいでしょう。対円でのオーダーブックが見られる業者としては「YJFX!」や「外為どっとコム」があります。

error:Content is protected !!