Coincheckが選ばれる理由や評判、メリット・デメリットとは?

Coincheckは暗号通貨取り扱い会社の中でもっとも有名な業者のひとつです。一度は不正アクセスによる流出を経験しましたがセキュリティは大幅に改善し、今ではCoincheckは国内業界大手の会社です。筆者がCoincheckを実際に利用したレビューとともに、口コミ・評判を見ていきましょう。

Coincheck
Coincheck
分類販売所・取引所
通貨数14
取引方法現物
最大レバレッジ(取り扱いなし)
レバレッジ手数料(取り扱いなし)
アプリ取引所ツール

【Coincheckは以下の方におすすめ】

  • とにかく多くの種類の仮想通貨を取引したい方
  • 貸仮想通貨などの取引に興味がある方
  • ビットコインをお得に取引したい方
  • 初心者などでとにかくシンプルな取引画面を使いたい方

Coincheck 公式サイト

利用者の口コミ・評判
30代男性
30代男性

国内でもっとも多くの通貨を取引できる業者である点は評価できる。

40代女性
40代女性

仮想通貨に興味が湧きビットコインを持ちたいと思いましたが、現物の取引手数料が無料な点が嬉しいです。

20代男性
20代男性

流出事件以降にサービスを再開し、セキュリティ面での認証を受けた対応が良いと思います。

30代女性
30代女性

流行にのって取引を始めてみましたが、思っていたよりも取引が簡単で、はじめやすかったです。

Coincheckの総合評価

bitFlyerは国内で取引量・ユーザー数・資本金が1位の暗号通貨取引所です。他にもビットコイン決済の独自インフラの構築、ビットコインでのポイント還元など、暗号通貨の普及を目指している会社でもあります。

これらの点はbitFlyerを選ぶ大きなポイントになりますので詳しく紹介していきましょう。

Coincheckが選ばれる理由

Coincheckは国内同業界の中でもっとも多くの通貨の取引サービスを提供しており、国内では暗号通貨業者の大手のひとつといえます。

何がCoincheckの人気を支えているのか、利用者からの口コミや評判も含め確認していきましょう。

理由1:もっとも多くの仮想通貨を取引できる

Coincheckが多くの人に選ばれる1つ目の理由は、もっとも多くの仮想通貨を取引できる点です。

仮想通貨業者では多くても8通貨程度が取引可能ですが、Coincheckでは11種類取引可能と、国内他社を圧倒しています。

現在、以下の通貨の取引が可能となっています。

BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、ETC(イーサリアムクラシック)、BCH(ビットコインキャッシュ)、LTC(ライトコイン)、XEM(ネム)、XRP(リップル)、 MONA(モナコイン)、LSK(リスク)、FCT(ファクトム)、XML(ステラルーメン)

特に2019年末にXML(ステラルーメン)の取引を開始するなど、積極的に取引通貨を増やしており、今後もさらに取り扱いが増えるのではないでしょうか。

2020年3月、取り扱い通貨としてQtum(クアンタム)の取り扱いを開始し、取り扱い通貨は合計12種類となりました。

>> Qtum取り扱い開始について

さらに2020年7月、取り扱い通貨としてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取り扱いを開始し、取り扱い通貨は合計13種類となります。

>> BAT取り扱い開始について

さらに2020年8月、取り扱い通貨としてIOST(アイオーエスティー)の取り扱いを開始し、取り扱い通貨は合計14種類となります。

>> IOST取り扱い開始について

実は単純に取り扱い通貨を増やしているだけでなく、その対象の見直しも行なっています。

例えば、過去にはXMR(モネロ)、REP(オーガー)、DASH(ダッシュ)、ZEC(ゼットキャッシュ)といった通貨も取り扱っていました。しかしセキュリティ面での問題から取り扱いを中止しています。一度取り扱いを始めた通貨について取り扱いを止めるのは英断だといえますね。

理由2:ビットコインの現物取引手数料が無料

Concheckが多くの人に選ばれる2つ目の理由は、ビットコインの現物取引手数料が無料である点です。

そもそも、取引手数料にはMaker手数料(板にない価格で売買注文を出すときにかかる手数料)とTaker手数料(板にすでにある価格で売買を行う時にかかる手数料)の二種類があります。

また、Coincheck独自のサービスは「貸仮想通貨」だけでなく、「Coincheckでんき」「Coincheckつみたて」といった人気のサービスも提供しているので、興味がある方は検討してみてはいかがでしょうか。

コインチェック

理由3:貸仮想通貨サービスなどの独自サービス

Coincheckが多くの人に選ばれる3つ目の理由は、貸仮想通貨サービスを提供している点です。

貸仮想通貨とは、株式における貸株の仮想通貨版です。業者に仮想通貨を文字通り「貸す」ことで、その分の手数料を利息のように得られるというサービスです。

貸出期間は4期間から選択することができ、14日(年率1%)、30日(年率2%)、90日(年率3%)、1年(年率5%)となっており、長期で貸し出すを行うほど、得られる手数料も大きくなっています。

なお、貸仮想通貨サービスの利用には一定数以上の仮想通貨を保有していることが必要で、約10万円以上からとなっている点にご注意ください。

2020年4月14日より、貸仮想通貨サービスの最低金額が、1万円以上となりました。

また、Coincheck独自のサービスは「貸仮想通貨」だけでなく、「Coincheckでんき」「Coincheckつみたて」といった人気のサービスも提供しているので、興味がある方は検討してみてはいかがでしょうか。

理由4:シンプルな取引ツール

Coincheckが多くの人に選ばれる4つ目の理由は、取引ツールがシンプルな点です。

仮想通貨取引を行なっている方には、チャートをこまめに分析して取引する方がいる一方、そこまで分析をせず、注文を入れる頻度が2週間おきぐらいの方もいます。

そのようなあまり頻繁に取引をしない方には、とにかく簡単に注文を入れられるシンプルなインターフェースが望ましいと言えます。

Coincheckが提供する取引ツールは「取引所ツール」というアプリで、非常にシンプル、迷わず入れたい注文を入れることができ、スマートフォンの取引にあまり慣れていない方に嬉しい機能となっています。

Coincheckが提供するツールは用途に合わせて「ポートフォリオ管理アプリ」「情報収集アプリ」「価格比較アプリ・チャートアプリ」「ウォレットアプリ」「セキュリティ対策アプリ」と別々に用意されています。

Coincheck 公式サイト

Coincheckのデメリット

デメリット1:主要通貨は販売所取引のみ

Coincheckは国内業者でもっとも多くの通貨を取り扱っていますが、BTC(ビットコイン)以外は販売所取引となります。

販売所取引:BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、ETC(イーサリアムクラシック)、BCH(ビットコインキャッシュ)、LTC(ライトコイン)、XEM(ネム)、XRP(リップル)、 MONA(モナコイン)、LSK(リスク)、FCT(ファクトム)、XML(ステラルーメン)、Qtum(クアンタム)、BAT(ベーシックアテンショントークン)、IOST(アイオーエスティー)

もしBTC以外の主要通貨であるETH(イーサリアム)などの購入を検討するのであれば、他社の口座も同時に開いておくとよいでしょう。

デメリット2:過去に仮想通貨が流出したことがある

Coincheckを選ぶ上でもっとも気になる点はセキュリティ面での対応状況です。Coincheckは2018年1月にXEM(ネム)が流出し、580億円相当が流出被害に遭いました。

このような事件が起きた後、どのような対策が取られているのでしょうか?

ひとつにはセキュリティ対策をより強固にした点があります。コールドウォレットでの管理や2段階認証の堅確化などに取り組み、2019年1月には正式な取引所とし金融庁の認可を受けるに至っています。

また、不正な取引への対策から、当面の間、レバレッジ取引を行うことができなくなっております。

Coincheckで注意しておきたいポイント

ポイント1:レバレッジ取引は現在不可能

Coincheckは過去に仮想通貨流出事件を起こした反省から、現在はレバレッジ取引を受け付けていません。仮想通貨というと、やはりレバレッジをかけて利益を狙うという方が一程度存在していますので、そのような方は他の業者を検討することも必要かもしれません。

現物取引がメインとなる点には注意が必要です。

ポイント2:ETH(イーサリアム)購入は他の業者も活用したい

Coincheckは取り扱い通貨が国内でもっとも多いとはいえ、アルトコインは全て販売所取引となっており、アルトコインの代表であるETH(イーサリアム)についても販売所での扱いとなります。

そのため、取引所取引可能な業者と比較すると、ETHの購入は割高となりがちです。

Coincheckは素晴らしい業者であるとはいえ、アルトコイン購入には別の口座も活用するのが賢明そうですね。

Coincheck 公式サイト

※各種情報は2020年1月30日時点のものです。

error:Content is protected !!