Coincheck、IOSTの取り扱いを2020年9月8日より開始

Coincheck、IOSTの取扱開始

2020年9月1日、Coincheckが2020年9月8日12時よりIOST(アイオーエスティー)の取り扱いを開始することを発表した。

Coincheckは国内でのもっとも多くの通貨を取り扱っていた。今回さらに取り扱い通貨が増えることで、15通貨の取り扱いとなる。

IOSTとは

IOST(Basic Attention Token)とは、Brave Software, Inc. により2017年5月に公開された暗号資産で、イーサリアムブロックチェーン上のERC20トークンとして発行されています。クレジットカードが利用されるのと同様のレベルでブロックチェーン技術を様々な決済のサービスへ活用することを目指し、2019年2月25日にメインネットをローンチした暗号資産です。

決済だけでなく、ブロックチェーンを基盤とした分散型アプリケーションプラットフォーム(Dapps)としての機能も備えており、米グーグルや米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)とのパートナーシップを締結しDappsの開発環境の構築を行っている。

IOSTのネットワークでは、次世代コンセンサスアルゴリズム「PoB(Proof of Believability)」により、公平且つ高速なスケーラビリティ(処理能力)と非中央集権性が実現されています。国内において、再生可能エネルギー電力の取引システムの実証実験、精密医療や患者ケアに関するデータ管理の研究開発などが行われており、今後さらなる活用が期待されます。

※取扱い開始直後は取引の集中により、価格が不安定になる恐れがある。

Coincheckが選ばれる理由や評判、メリット・デメリットとは?
Coincheckは暗号通貨取り扱い会社の中でもっとも有名な業者のひとつです。一度は不正アクセスによる流出を経験しましたがセキュリティは大幅に改善し、今ではCoincheckは国内業界大手の会社です。筆者がCoincheckを実際に利用したレビューとともに、口コミ・評判を見ていきましょう。
error:Content is protected !!