フィスコ仮想通貨取引所、サイト閉塞のお知らせ、遂にZaifとの統合が完了

フィスコ仮想通貨取引所、サイト閉鎖のお知らせ

2020年8月17日、Zaif Exchange(以下「Zaif」)はフィスコ仮想通貨取引のWebサイト( https://fcce.jp/ )を閉鎖し、すべてのサービスを終了することを発表した。

2020年8月31日をもってフィスコ仮想通貨取引所( https://fcce.jp/ )のサイトは閉鎖されるが、ZaifExchageは今後も取引所を継続する。サービス等はすでにZaif Exchangeに統合される形で移行されている。

フィスコ仮想通貨取引所サイトの閉鎖とともに以下のサービスが利用できなくなる。

  • ログインを始めとする全てのサービス
  • 取引履歴CSV及び年間取引報告書のダウンロード

フィスコ仮想通貨取引所利用時の取引情報等は、Zaif Exchangeのアカウントにて参照が可能だ。
基本的にZaif Exchangeへの情報の引継ぎは利用者自身が承認していいれば自動で引き継がれているので、各自でチェックしてほしい。
※アカウント情報が引き継がれていない利用者については、アカウント情報の引き継ぎを継続していくとのこと。

Zaifと統合したフィスコが選ばれる理由や評判、メリット・デメリットとは?
フィスコ(FISCO)仮想通貨取引所は2016年に仮想通貨取り扱いを開始した業者です。2018年にZaif Exchangeを新設吸収する形で統合し、より規模を活かしたサービスを提供することができるようになりました。筆者がZaif Exchange(フィスコ)を実際に利用したレビューとともに、口コミ・評判を見ていきましょう。
error:Content is protected !!