Decurret、販売所取引でAPIの取り扱いを2020年3月28日より開始

Decurret、APIの対応を開始

2020年3月30日、Decurretが2020年3月28日より取引APIの提供を開始することを発表しました。

Decurretは国内で超大手企業が出資に参加しており、その企業数も増えつつあります。将来の発展が有望視されている仮想通貨業者です。

API|ディーカレット
ディーカレットのAPI。ディーカレット(DeCurret)は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、などの暗号資産(仮想通貨)の購入・売却等が可能な取引所。国内金融機関と同レベルのセキュリティ対策をおこなっているデジタル通貨のメインバンク。

APIとは

これまでDecurretの現物・レバレッジ取引サービスにおいては、PCブラウザやアプリから手動で取引を行う必要がありました。APIを利用することで、プログラムによるビットコインおよび、アルトコインの自動取引を行うことが可能となります。この度APIが提供されるようになったことで、それぞれの取引スタイルに応じた、より快適な取引環境の実現に繋がります。

Decurretのベーシックアカウント以上の口座を開設している人を対象に、取引に必要となるプライベートAPIが提供されます。

error:Content is protected !!